晩秋

 

 

秋の夜

ブナの森で

宴がはじまる

くまがチェロを弾き

きつねがピアノ

りすはハーモニカ

そして

ちょうは踊る

 

カウンターにすわって

ちょうを見つけるピエロ

こんなときだからこそ

おまえさんがしっかりしなくっちゃ

バーテンのうさぎは

ピエロからグラスをとりあげる

 

秋の夜

ブナの森で

宴はつづく

くまがチェロを弾き

きつねがピアノ

りすはハーモニカ

そして

ちょうは踊る

 

バーテンのうさぎ

さあ おまえさんの出番だ

ピエロは 笑顔をつくり

玉のり

どすんと落ちて

みなは笑う

ちょうも笑う

 

秋の夜

ブナの森で

宴はつづく

ピエロのショータイム!

笑い声は空へ

星たちはまたたき

ちょうは目をほそめる

 

やがて

空が明るみはじめ

冷たい霧がたちこめたとき

くまの りすの

きつねの うさぎの頬を

涙がつたう

 

—— ちょうは 動かない

 

ピエロの顔から

白いメーキャップが

流れおちていく

 

 

 

 

©江本 あきこ 詩集『三日月のひと』より